2015年02月03日

器あれこれ

熱燗を注文されたお客様からよく
「この徳利、素敵な色やねぇ」
と言われます。
image-4e106.jpg
赤というよりは朱色に近い。
持つところに優しい窪みがある。
image-e4d79.jpg
黒の中にわずかな朱色が混ざったような。
image-320d1.jpg
こちらは焼酎用に。
image-4dbd8.jpg
こちらは煮物などに。
これらのうつわは全て中能登にある
遊陶房 上島英揮氏に依頼してここちやの為に焼いてもらった
眉丈山(びじょうざん)焼きというもの。
陶房の裏山にある眉丈山から名前をとってつけられた焼きもの。
特徴的な色合いは鉄赤の朱天目。
もちろん一点一点違います。
徳利以外にも焼酎や煮物の器にも使っておりますので近くで特徴的な色合いや形を確かめてみてください!
posted by koko at 13:57| ここちや通信

冬に強い野菜くん。

はやいものでもう二月。
夜の会席料理もメニューがかわります。
今月の先付けに予定しているのが
image-253f7.jpg
ほうれん草。
なんですが、ただのほうれん草ではないんです。
ちぢみほうれん草。
一般的なほうれん草は冬の間はハウス栽培が中心ですが、ちぢみほうれん草は昔ながらの露地栽培をするので寒さに耐えられるように葉に厚みが出て糖度があがります。味はしっかりとしていて甘みもあり、カロチンやビタミンなど栄養分も豊富です。
お楽しみに!
posted by koko at 13:00| ここちや通信

紙の話

今日は当店のおしながきに使用している紙のお話。
桜模様の用紙であったり
image-3fee9.jpg
金箔入りの和紙であったり
image-32438.jpg
上記は写真ではかなり見えづらいですが。よーく見るとキラキラと所々が光っていてキレイです。
当店ではお客様ごとに当日おしながきを作成しております。
毎回同じ白い用紙ではなぁ、、ということで持って帰りたくなるような?ちょっと良い感じと思って頂けるような紙を選んでいます。
楽しみにして頂けたら幸いです。
posted by koko at 10:46| ここちや通信

厨房から

只今、ランチの仕込み中
image-04c46.jpg
鰤に塩を振って寝かせています。
今日のランチは!?
A.海老、カレイ、枝豆と雲丹の豆腐揚げ
B.鰤の塩麹焼き
です。
小鉢にはカレイの真子のうま煮がつきます。
image-78601.jpg
数に限りがございますので限定になりますが。これは美味しい!の一言。
お待ち致しております!
posted by koko at 10:35| ここちや通信